デザインは、あきない。

あなたの“商い”は何ですか。
あなたの“商い”に懸ける想いは何ですか。

私たちの“商い”はデザインです。

あなたの事業や商品が強く生きるために、
デザインが役に立てることを真剣に考え、
あなたの“商い“の力になること。
それこそが、わたしたちの“商い”です。

市場競争原理の付属品や副産物として、
消費されるだけのデザインの時代は終わり、

これからは、もっと商品や事業に寄り添い、
永い時間にわたって「機能するもの」として、
デザイン本来の力と役割が試される時代です。

あなたの“商い”に懸ける“あくなき”想いを
私たちに聞かせてください。

デザインが力になれることが、必ずあります。

閉ざされたデザイン事務所としてではなく、
気軽に相談できる町の「意匠店」として、
いつでもあなたをお待ちしております。


プロフィール

古屋 貴大

会社員デザイナー時代、デザインの仕事でお客さまの役に立ち、喜んでもらえることが好き過ぎるあまり、20代で二度働き過ぎによる病で倒れる。このままではいけないと30歳を前に一念発起、一人ひとりのお客さまとより真摯に、丁寧に向き合い、ひとつひとつのデザインの品質にこだわるだけではなく、お客さまの商品や事業がもっとちから強く生きるために、デザインにできることを追求するため、古屋意匠店を立ち上げる。地域・都市開発 、食品・医薬品関連パッケージ、イベントプロモーションなどで専門誌・書籍などに実績掲載。

古屋 知世

ブライダル、流通、教育などの分野で培ってきた様々な経験や技術を活かし、デザイナー・イラストレーターとして活動する傍ら、デザインの大切さ、手をつかって何かをつくることの楽しさを、主に子どもたちに教え伝えることに天職を見出す。古屋意匠店が運営する造形教室「ぞうのいえ」講師をはじめ、ワークショップや自身の作品展示など幅広く活動。文化庁おもちゃコーディネーター、PIGMENT認定絵具マスター。主な仕事にルララこうほくWebサイトヴィジュアル、柏の葉 T-SITEものづくりワークショップマルシェ。