Skip to content

仕事を通じて知った街【明大前編】

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-20-56-12
 ものを作る場所から配信する、ちょっとした好奇心についてのおはなし(毎週日曜日更新)

こんにちわ。古屋意匠店です。最近は暖かかったり、寒かったりと気候が不安定に感じます。

春が近づいてきたからこその天気の変化でしょうか。

今回は、仕事を通して知った街について書きたいと思います。

仕事を通じて知った街【明大前編】

「学生が多いけど静か。歴史を大切にしている町」

今回は、明大前駅周辺について紹介いたします。

急行が止まる、交通に便利な駅。

学生に人気の町。

駅の周辺には、昔からあるようなガラス窓の靴やさんや呉服屋さん、今時の新しいお店が肩を並べていました。

一番驚いたのは、ラーメン屋さんの多さでしょうか。

駅から少し離れると、とても静かな住宅街になります。

神田川周辺では、杉並区が保護している竹林があったりと散歩も気持ちが良い。

明大前〜和田掘廟所の間には、開業時の駅名「火薬庫前」のもととなる「塩硝蔵地跡」についての看板がありました。

_DSC0020

_DSC0053

↑民営の交番らしいです

_DSC0252 _DSC0257_DSC0249 _DSC0248

↑個人的に、「手作り楽器」とても気になりました。

_DSC0243_DSC0245  ↑居酒屋などもありました

_DSC0070↑線路沿いの道

_DSC0102_DSC0103_DSC0106↑明大〜和田掘廟所に続くこの並木は、火薬庫周辺の雑木林の名残でしょうか?わからず。_DSC0112

↑玉川上水路。導水管がありました。

_DSC0113↑玉川上水公園。水車のような形のアスレチックがおしゃれ。

_DSC0228s↑神田川です。「かぐや姫」を思い出しますか?私は世代ではないので、心の中で流れませんでした。_DSC0184↑白い鳥が飛んできました。追いかけました。_DSC0162_DSC0178↑保護されている竹のようです。鎌倉や京都に行かなくても竹が見れるなんて、ちょっとうれしい。_DSC0138 _DSC0142_DSC0150↑神田川を進むと、どんぐり広場という場所に着きました。真ん中になぞの穴が。

どんぐり拾ったら、入れてみたくなりそうな穴です。_DSC0233

↑どう見ても住宅っぽいですが、ラーメン屋のようです。。

気になります。。。。

ぜひ散歩してみてください。

古屋知世
妻の方(旧:萩原)古屋意匠店のデザイナー、イラストレーター。
営業、アイデア、ご飯当番も担当しています。趣味は写真を撮ること絵を描くこと。ジビエを食べること。

この記事が気に入ったら
facebookページをフォロー